DORA麻雀のレートとリスク

DORA麻雀のレートとリスク

DORA麻雀を行う場合、まず考える必要があるのは、アメリカのサイトだという点です。

 

つまり、DORA麻雀で遊ぶのは、アメリカの賭カジノに遊びに行っているのと同じ理屈になります。

 

これは、DORA麻雀での掛け金や場代をドルで支払うことを意味しています。ですので、麻雀の勝ち負けだけでなく、円とドルの交換レートによるリスクもあることをご了承下さい。

 

本題のDORA麻雀のレートの話になります。DORA麻雀ではさまざまなレートの卓が用意されていますが、1/2のようにレートが表示されます。

 

この場合、ウマが1ドルで、保証金が2ドルを意味しています。

 

DORA麻雀で、上記のレートのゲームを行う場合、まず2ドルの保証金を一端サイトに支払います。

 

ゲームが終了すると1位に2ドル、2位に1.5ドル、3位0.5ドルが分配されます。次に25000点を1ドルに換算し、マイナスは0と考え、持ち点に応じて分配されます。

 

そして、分配された金額から2ドルを引いた分の10%から15%が場代としてサイトに支払われます。

 

場代は勝った側から徴収され、マイナスは0と換算されますので、点棒を全部取り上げられる敗北をした場合の負けは2ドルとなります。最初に支払った保証金が2ドルですから、保証金以上のリスクはありません。

 

DORA麻雀では最小0.5/1から198/396までさまざまなレートの卓が用意されています。

 

通貨の単位はドルですから、3万円以上賭ける卓から百円以下で遊べる卓が用意されています。その賭け金で遊びたい方が4人集まった時点でゲームスタートということになります。