麻雀は心理戦と読みあい

DORA麻雀攻略法について

DORA麻雀で勝ち抜き、お金を得たい場合、何を考えるか。この点に関してDORA麻雀のルールをチェックしながら考えて行きます。

 

麻雀というゲームでお金を賭ける場合、順位によるもの、点棒の多可によるもの、その他取り決めによるものとあります。

 

DORA麻雀では、順位によるものと、点棒だけを採用しています。点棒と順位の比は1:1です。

 

これは、点棒の取り合いというよりは、順位争いのゲームになります。

 

順位争いというより、2位以上になれば勝者、3位以下になれば敗者というゲームになります。

 

特にレートが高くなれば、この傾向は高まるでしょう。

 

ポイントは2位以上を目指すという点と、顔も見たことのない相手との勝負という点でしょう。

 

勝負は早い段階で上がれそうなときは、上がりを目指し、難しいときは降りるという勝負になることが多いようです。
このようなスピード優先の場合、捨て牌に迷彩を作る余裕はほとんどないでしょう。

 

DORA麻雀のルールでは序盤で捨てている牌の周辺で待つことは少ないでしょう。一方、高得点を狙い字牌を整理するとも限りません。

 

点棒がマイナスでも2位以上になれば、賭け事としては勝ちですので、場合によっては、降り続けながら、1度もあがることがないまま、勝ち組に入れる可能性もあります。

 

DORA麻雀での勝負はこの事情を頭においての心理戦、読みあいとなります。

 

お金を賭ける麻雀は漫画やゲームと違い、派手な手を作る楽しみでなく、相手の状況を読みあうのが醍醐味となるでしょう。